トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログ

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログです。

「データに秘められた可能性」を最大限に引き出す,そのために Wave Analytics が求めたのは究極の「インタラクティビティ」①

はじめに

様々な BIツール,可視化ツールがひしめく近年において,2014年10月に Salesforce が満を持して「Wave」を基盤とするアナリティクスプラットフォームをローンチしました。その中の可視化ツール:Wave Analytics は可視化ツールとしては後発組ですが,まさにその名の通りこの世界に「Big Wave」を巻き起こす牽引役として台頭していく事は明らかです。

Wave Analytics とは?

f:id:doryokujin:20160623153522j:plain

Wave Analytics のインパクトはダッシュボードを見れば明らかですが,以下のような SFDC ならではのメリットを提供してくれます。

Salesforce とのネイティブな統合

Salesforce とシームレスに連携するクラウドサービスを通じて,あらゆるソースのデータをすべて安全に提供します。 導入後はすぐに稼働でき,管理も容易です。

また,Wave Analytics は Salesforce 上のオブジェクトを参照することはもちろん,Informatica Rev や SkyOnDemand といったデータ連携サービスとも容易に連携が可能です。

Treasure Data Service と Wave Analytics の関係

Wave Analytics は自身のクラウドストレージ上に可視化のための集計済データを保持する事はできますが,大量の生データを保持する事はできません。Treasure Data Service は Wave Analytics の表現する全てのデータのオリジナルを保持するためのバックエンドの役割を担います。

そして(現在検証中のフェーズですが),前述の Informatica Rev や SkyOnDemand を通じてTreasure Data Service と Wave Analytics がお互いの役割を最大限発揮する形で接続されます。

f:id:doryokujin:20160623134158j:plain

f:id:doryokujin:20160623104250j:plain

↑ SkyOnDemand では,Web UI から作成するデータフローによって前処理や他の外部データと結合処理を挟みながら,Wave Analytics に必要なデータセットが送られます。

f:id:doryokujin:20160623104246j:plain

↑ Infomatics REV 上では,Treasure Data Serviceから読み込んだデータをテーブルとして編集・集計といった処理を挟むことができ,エクスポートボタン一発で Wave Analytics に送信可能です。

クラウドの導入

Wave Analytics は自身のクラウド上に可視化のためのデータセットを保持する事が可能です。そこにデータセットが準備されれば,Wave Analytics 上のダッシュボードは非常に軽快に動きます。 

デモ:チャート作成編

Wave Analytics のインパクトを伝えるのには,静止画だけではとても及びません。まずはダッシュボードを作成する人が,いかに簡単に,いかに楽しく,いかに気持ちよく作業を進める事ができるか,以下の動画をご覧下さい。

Wave Analytics EC チャート作成編 from Takahiro Inoue on Vimeo.

次回は,EC 業界向けに作成されたダッシュボードを紹介していきます。

お楽しみに!