読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログ

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログです。

トレジャーデータが生きるベストフィットケース7: 3. 単調な定型レポーティング業務はもうたくさんだと思っている 〜その3〜

トレジャーデータはクラウドでデータマネージメントサービスを提供しています。

 

トレジャーデータが生きるベストフィットケースを7つ紹介します。今回も,3.の続きを解説します。

3. 単調な定型レポーティング業務はもうたくさんだと思っている

毎月の定型レポーティング作りは,次のような負担がありました。

  1. 集計されたデータを Excelなどでピボットテーブルにかけるステップがある。
  2. 最終アウトプットが ExcelまたはPower Pointであるために,集計結果をローカルに集めてこなこなければならない。
  3. 集計結果のソースが異なるために,それぞれ別のアクセス方法でデータにアクセスし,取得してこなければならない。
  4. Google AnalyticsやBIといった統一的レポーティング機能をもつツールは使っているが,個々のレポーティングにアクセス,ダウンロード,張り付けをしなければならない。

4. の個々のページで表示されるデータやレポートへのアクセス,ダウンロードを簡略化するために,BIとしてTableauを導入することが考えられます。

Tableau Server

Tableauは,1つの大きなホワイトボードにさまざまなテーブルやチャートを載せられる「ダッシュボード」機能に加え,そのダッシュボードをさらに集約させることのできる「ストーリー」という機能をもっています。

Tableauは,多種多様なチャートパターンをもち,かつ直感的なマウスの操作に対応した BI ツールです。

f:id:treasure-data:20150323113620p:plain

Treasure Data Serviceは,次のようにTableauとの2通りの連携方法をもっており,とても相性のよいツールとなっています。

  • Tableau Desktopとのアドホック連携
  • Tableau ServerへのResult Push

前者は,Treasure Data ServiceのアドホッククエリーとTabeau Desktopを連携させることによって,Tableau DesktopからODBCドライバを通じて直接Treasure Data Serviceにつなぐことが可能となっています。Treasure Data Serviceのさまざまなアドホック集計がTabeauの直感的な操作のみでできます。

今回注目するのは後者の方で,Tableau Desktopを介することなく,Treasure Data ServiceのバッチクエリーとTableau Serverを連携させます。

f:id:treasure-data:20150323114532p:plain

 Tableau Serverは,Tableau Desktopで作成したレポートをServer上にパブリッシュすることで,閲覧者はPCやTablet などのあらゆるデバイスからアクセスすることを可能にするツールです。

f:id:treasure-data:20150323114922p:plain

f:id:treasure-data:20150323115023p:plain

Tableau Serverは,自身のサーバー上に「Data Source」というオブジェクトをもっており,定型のレポートに対しては,このData Sourceを更新することでレポートへ自動反映することが可能です。

つまり,一度Tableau Desktopでレポートのテンプレートを作ってパブリッシュしておけば,後はTableau Desktopを介さずにレポートの自動更新が可能になるのです。

Treasure Data Serviceでは,前述のGoogle Spreadsheetと同じように,Result Push先に Tableau Serverを指定しておくことが可能です。以下に手順を見ていきましょう。

f:id:treasure-data:20150323115415p:plain

手順1:クエリーを記述します。

f:id:treasure-data:20150323115604p:plain

手順2:「Result Export」から「Tableau Server」を選択します。

f:id:treasure-data:20150323120449p:plain

手順3:Tableau Serverの接続情報を記述します。

f:id:treasure-data:20150323120700p:plain

手順4:次に「Schedule」よりクエリーを実行するインターバル(@daily,@hourly,またはcronライクな記述)を設定します。

f:id:treasure-data:20150323120856p:plain

手順5:最後に「Save and Schedule」を押すと,クエリーの登録が完了します。

f:id:treasure-data:20150323121155p:plain

手順6:登録したクエリーは「Queries」タブより確認できます。

f:id:treasure-data:20150323121929p:plain

以後は,Tableau Server上のレポートが自動更新されていきます。これが,Treasure Data Serviceの「Result Push」機能です。

Salesforce

f:id:treasure-data:20150323122146p:plain

f:id:treasure-data:20150323122250p:plain

さらに,直近のアップデートで,Treasure Data ServiceはSalesforceへのResult Push機能が追加されました。