トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログ

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログです。

トレジャーデータが生きるベストフィットケース7: 3. 単調な定型レポーティング業務はもうたくさんだと思っている 〜その2〜

トレジャーデータはクラウドでデータマネージメントサービスを提供しています。

 

トレジャーデータが生きるベストフィットケースを7つ紹介します。

今回は、3.の続きを解説します。

3. 単調な定型レポーティング業務はもうたくさんだと思っている

前回解説したように、毎月の定型レポーティング作りは、次のような負担がありました。

  1. 集計されたデータを Excelなどでピボットテーブルにかけるステップがある。
  2. 最終アウトプットが ExcelまたはPower Pointであるために、集計結果をローカルに集めてこなこなければならない。
  3. 集計結果のソースが異なるために、それぞれ別のアクセス方法でデータにアクセスし、取得してこなければならない。
  4. Google AnalyticsやBIといった統一的レポーティング機能をもつツールは使っているが、個々のレポーティングにアクセス、ダウンロード、張り付けをしなければならない。

今回は、3. の異なるデータソース問題に対応する方法を述べていきます。

Metric Insights

Treasure Data Service以外にもデータソースをもっている場合(たとえば、売上データなどのトランザクションログがRDBMSなどに保管されている場合)には、複数のソースからの集計結果の1つ1つを「ウィジェット」として一画面に表示できるMetric Insightsが便利です。

Metric Insights はトレジャーデータが OEM 提供しているダッシュボードで、オンラインゲームなどのKPIダッシュボードとしてすでに多数の実績をもった可視化ツールです。

f:id:treasure-data:20150323111421p:plain

Metric Insightsはデータの一覧性はもちろんのこと、メールによるアラート機能とアノテーション機能をもった高機能ツールです。

Metric Insightsの特徴はまず、全体構成が1つ1つの独立したウィジェットで構成されていることです。

おのおののウィジェットには設定ボタンがあり、そこに、

  • データソース(Treasure Datfa Service,MySQL,NoSQL,Salesforce,etc.,…)
  • 指定したデータソース内のデータベース
  • 集計インターバル(デイリー,マンスリー,etc.,…)
  • チャートタイプ(折れ線・棒・円グラフ,バブルチャート,etc.,…)
  • カテゴリ

を記述することで、あらゆる集計結果のチャートおよびテーブルを一覧することが可能になります。

f:id:treasure-data:20150323112120p:plain

↑ Treasure Data Serviceはもちろん、さまざまなデータソースからの集計結果を1つのダッシュボード上に集約表示できるのがMetric Insightsのユニークな機能です。

f:id:treasure-data:20150323112400p:plain

↑ Treasure Data Serviceの異なるデータベースとして保存されているデータもおのおののウィジェットの設定によって同居させることが可能です。たとえば、オンラインゲームでは複数のゲームタイトル(異なるデータベースで管理されているとします)の売上やPV、ARPUといった共通指標を並べて比較するために活用されています。