読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログ

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログです。

(イベント)データサイエンティストサミット2014に登壇します。

*トレジャーデータはデータ収集、保管、分析のためのエンドツーエンドでサポートされたクラウドサービスです。

データサイエンティストサミット2014

f:id:treasure-data:20140625141531p:plain

トレジャーデータは 2014/06/27 開催のデータサイエンティストサミットで私,チーフデータサイエンティストの井上が登壇することになりました。プログラム でお時間を確認の上,ぜひとも私のセッションにお越し下さい。

f:id:treasure-data:20140625141827p:plain

本ブログを読んでいる方に,少しだけ発表内容をお知らせします。

f:id:treasure-data:20140625142505p:plain

今回は分野も業種も多種多様な方々が来ることを想定して,純粋なデータサイエンスの話ではなく,データもツールも何もないところからどのように分析を始めて行けば良いのか,トレジャーデータ流のデータ分析の始め方をご提案します。

分析に関わる全ての方に分析に関する悩みに共感を得て頂き,本発表内容を持って一人でも多くの方が分析を(あわよくばトレジャーデータを使って)楽に始められるなってもらえれば幸いです。

f:id:treasure-data:20140625142640p:plain

一般に言われているような上図の分析プロセスでは,まず目的ありき仮説ありきで,それを確証させるためにデータ分析が行われ,PDCAが回ります。

f:id:treasure-data:20140625142952p:plain

しかしながらこの目的ありき仮説ありきとはやっかいであります。もっと言えば,これらをデータ分析で見つけたいわけです。しかしながら実際の現場では,データをもらうのも集めるのも,そもそも分析を始めるのにも「詳細な提案」や「費用対効果」が求められ,分析を始める前に挫折してしまうのです。

f:id:treasure-data:20140625143249p:plain

トレジャーデータでは,そのようなデータの始め方をお薦めしません。トレジャーデータではまず「データ収集」を始めましょう,という提案をします。そして収集されたデータを(分析ではなく)「見る」というアクションによって目標を見いだします。

本イベントでは,トレジャーデータ流のデータ分析プロセスが,

「データ収集さえすればどのような種類分野のものであっても,目標設定・上司説得のための必要十分なアウトプットが担保される」

ことを証明します。

 

トレジャーデータに関するお問い合わせは support@treasure-data.com まで。