読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログ

トレジャーデータ(Treasure Data)公式ブログです。

APIレスであらゆるデータの統合を可能にする Datorama は新時代のマーケティングダッシュボード 〜①イントロ編〜

Datorama Visualization アドテク

はじめに

本記事ではトレジャーデータともパートナーシップを持つダッシュボード「Datorama」を紹介していきます。

 

f:id:doryokujin:20160707151125p:plain

主に広告業界のマーケティングダッシュボードとして不動の地位を確立しつつある Datoramaは独自の技術によってあらゆるマーケティングデータを統合することを可能にした,唯一無二のツールです。本記事では Datorama の主要な機能・概念を紹介するとともに,トレジャーデータと連携することによるシナジーについて解説していきます。

Datorama が持つ独自の機能とは?

Datorama は他のダッシュボードに無い独自の機能・概念をもっています。

  • 「Data Streams」であらゆる Web/広告サービス,テキストファイル,データベースベンダーからのデータ収集を一元化
  • 「Total Connect」で API 不要で Twitter や Facebook, Google Analytics などのサービスのデータを収集
  • 統合分析を念頭に置いた「Data Mapping」機能により,データ統合ダッシュボードの作成が容易
  • 様々なチャートや広告配信結果の可視化に特化したグラフなどを含む「Widget」が分析者の意図に沿ったダッシュボード作成を支援

 Data Streams

「Data Streams」は,Datorama から取得可能なデータソースを意味します。取得できるデータソースは大きく分けて3種類:「Marketing Vendors」「Flat Files」「Techincal Vendors」があります。

f:id:doryokujin:20160707153121p:plain

↑ とりわけ「Marketing Vendors」に属する web/広告サービスデータは,データ分析にクリティカルなソースでありながら,他のダッシュボードツールでは実装していなく,分析側が個々の API を使ったスクリプトを作成し取得しなければならない,それなりにコストのかかるデータでした。

Total Connect

「Total Connect」は,従来 API が必要であった Marketing Vendors に属するサービスデータを独自の機能で API 不要で簡単に取り込むことのできる非常に優れた機能です。

f:id:doryokujin:20160707153918p:plain

↑ 例えば facebook とは,IDの連携設定を行うだけで,自動的にデータを取り込んでくれます。その際のカラム名なども Datorama 側で自動決定してくれ,(ここは重要です)かつデフォルトのデータプレビュー機能画面まで自動で作成してくれます。(下図)

f:id:doryokujin:20160707153947p:plain

Data Mapping

複数のデータソースを統合する場合,統合の際にどのカラム名同士を紐付けるかは悩ましい問題です。また,データソースが増えたり複数人でデータを管理していく際には明確な「Data Mapping」ルールが必要となってきます。Datorama はそこに独自の工夫を盛り込んでいます。

f:id:doryokujin:20160707154533p:plain

↑ Datorama では,取り込んだデータソースの「オリジナル」のカラム名は使用しません。オリジナルのカラムは Datorama 上の「グローバル」なカラムに各々マッピングされて管理することになります。ダッシュボード作成の際にはこの「グローバル」なカラムを使用することによって作成者がデータ連携を意識しなくても自然なデータ統合ダッシュボードが作成可能になるのです。

Widget

どれくらいの種類のチャート機能を持っているかは,ダッシュボードツールを選定する際の重要な項目かと思います。Datorama のチャート機能は「Widget」と呼ばれますが,これは一般的な棒グラフなどのチャート群に加えて,広告マーケティングに特化した可視化機能を多数有しています。

f:id:doryokujin:20160707155212p:plain

Datoramaは「Social」や「Web Analytics」「Marketing」など,それぞれの業界に特化した可視化機能を含め,現時点で66種類の widget を備えています。

 

次回からは個々の Datorama の特筆すべき機能を,実際にデータを入れながら紹介していきたいと思います!

「データに秘められた可能性」を最大限に引き出す,そのために Wave Analytics が求めたのは究極の「インタラクティビティ」②

EC Salesforce アクセスログ

はじめに

様々な BIツール,可視化ツールがひしめく近年において,2014年10月に Salesforce が満を持して「Wave」を基盤とするアナリティクスプラットフォームをローンチしました。その中の可視化ツール:Wave Analytics は可視化ツールとしては後発組ですが,まさにその名の通りこの世界に「Big Wave」を巻き起こす牽引役として台頭していく事は明らかです。

f:id:doryokujin:20160623153522j:plain

EC 分析事例

トレジャーデータでは,過去に多くの EC分析に関する記事を紹介してきましたが、EC分析でWaveを体感してみましょう!

f:id:doryokujin:20160623134348j:plain

ECデータセットはこれまでと同じ物を使用します。100万人の会員テーブル,1000万件の購買履歴テーブル,1億件のアクセスログテーブル,これらローデータをそのまま Wave Analytics に置いておく事はできません。

売上分析,RFM分析,バスケット分析など,各々の分析軸で集計された集計済データを Wave Analytics にエクスポートしておきます。

1. 基本ダッシュボード

売上に関するダッシュボード,ユーザーのプロファイルの内訳を見るダッシュボードを以下の動画で紹介しています。

Wave Analytics EC ダッシュボード編 1 from Takahiro Inoue on Vimeo.

2. 応用ダッシュボード

RFM 分析 は,

  • R(Recency:直近購買日)= いつ買ったか
  • F(Frequency:一定期間内の購買回数)= どのくらいの頻度で
  • M(Monetary:一定期間内の購買金額)= いくら使っているか

の3つの切り口から2つを選び、その2軸に基づいて顧客をグループに分け、そのグループ毎に目立った特徴を見ていく手法です。

f:id:doryokujin:20150521115117j:plain

↑ 「RF Matrix」:R(y軸)とF(x軸)のクロステーブルは、これらの値の組み合わせにおいて何人がそこに該当するかが、各々のセルの値となって一覧で見ることができるようになっています。

Wave Analytics では,この RF Matrix の一つのセルを選択することによって残りの "M" の内訳を見ることができます。Wave Analytics のインタラクティビティはこういったところで画面の遷移無く RFM の3次元を捉えることができます。以下のムービーをご覧下さい。

Wave Analytics EC ダッシュボード編2 from Takahiro Inoue on Vimeo.

いかがでしょうか?

Wave Analytics はこちらのブログでも機会を見て引き続き紹介していく予定ですのでお楽しみに!

「データに秘められた可能性」を最大限に引き出す,そのために Wave Analytics が求めたのは究極の「インタラクティビティ」①

Salesforce EC アクセスログ

はじめに

様々な BIツール,可視化ツールがひしめく近年において,2014年10月に Salesforce が満を持して「Wave」を基盤とするアナリティクスプラットフォームをローンチしました。その中の可視化ツール:Wave Analytics は可視化ツールとしては後発組ですが,まさにその名の通りこの世界に「Big Wave」を巻き起こす牽引役として台頭していく事は明らかです。

Wave Analytics とは?

f:id:doryokujin:20160623153522j:plain

Wave Analytics のインパクトはダッシュボードを見れば明らかですが,以下のような SFDC ならではのメリットを提供してくれます。

Salesforce とのネイティブな統合

Salesforce とシームレスに連携するクラウドサービスを通じて,あらゆるソースのデータをすべて安全に提供します。 導入後はすぐに稼働でき,管理も容易です。

また,Wave Analytics は Salesforce 上のオブジェクトを参照することはもちろん,Informatica Rev や SkyOnDemand といったデータ連携サービスとも容易に連携が可能です。

Treasure Data Service と Wave Analytics の関係

Wave Analytics は自身のクラウドストレージ上に可視化のための集計済データを保持する事はできますが,大量の生データを保持する事はできません。Treasure Data Service は Wave Analytics の表現する全てのデータのオリジナルを保持するためのバックエンドの役割を担います。

そして(現在検証中のフェーズですが),前述の Informatica Rev や SkyOnDemand を通じてTreasure Data Service と Wave Analytics がお互いの役割を最大限発揮する形で接続されます。

f:id:doryokujin:20160623134158j:plain

f:id:doryokujin:20160623104250j:plain

↑ SkyOnDemand では,Web UI から作成するデータフローによって前処理や他の外部データと結合処理を挟みながら,Wave Analytics に必要なデータセットが送られます。

f:id:doryokujin:20160623104246j:plain

↑ Infomatics REV 上では,Treasure Data Serviceから読み込んだデータをテーブルとして編集・集計といった処理を挟むことができ,エクスポートボタン一発で Wave Analytics に送信可能です。

クラウドの導入

Wave Analytics は自身のクラウド上に可視化のためのデータセットを保持する事が可能です。そこにデータセットが準備されれば,Wave Analytics 上のダッシュボードは非常に軽快に動きます。 

デモ:チャート作成編

Wave Analytics のインパクトを伝えるのには,静止画だけではとても及びません。まずはダッシュボードを作成する人が,いかに簡単に,いかに楽しく,いかに気持ちよく作業を進める事ができるか,以下の動画をご覧下さい。

Wave Analytics EC チャート作成編 from Takahiro Inoue on Vimeo.

次回は,EC 業界向けに作成されたダッシュボードを紹介していきます。

お楽しみに!